「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

行ってみた、やってみた、食べてみた、見てみたことを書き連ねるブログ。主にアニメ・マンガ・ゲーム・観光地・外食の感想中心

ハウスダスターの俺が鼻のクリニック東京の手術前オリエンテーションに行ってきた

ここのクリニックって本当、予約が2、3か月後とかになってしまい、初めて電話をしてから丸1年が経とうとしている。月日が流れるのは早いものだ。

 

ようやく、この時がやってきた、というか。前回、健康診断的なものをやったんだけど、今回はその結果発表と手術前日、当日の注意事項なんかを説明される日。

 

 

pupei-diary.hatenadiary.jp

 

手術前オリエンテーションってやつなんだけど、これには必ず同行者が求められるんだよね。手術当日の付添人でなくてはならない。

 

うちの嫁は木・日が休みのため、頼み込んで休みをわざわざとってもらったわけだ。手術のてびき、なんてしおりみたいなのを読んでみると、オリエンテーションは約3時間とある。めっちゃ長い。

 

その日までに書類をそろえたり、DVDをみなくちゃいけないので、結構面倒くささを感じていたが、当日に書類持って行って不備があって、手術できません、なんてのは嫌だったので、今回で全ての書類をそろえておきたかった。

 

まずは高額医療費の申請だが、限度額適用認定証ってのを自分の加入している健康保険組合に連絡して、送ってもらう必要がある。自分の場合は、東京健康保険化粧品組合ってところ。HPに限度額適用認定証のPDFファイルがあったから、印刷して、必要事項を記入して、郵送するだけ。

 

お次は、手術するにあたっての同意書を3枚ほど。全身麻酔をするので、リスクあること把握しましたよー的な内容だったり、手術費用の連帯保証書だったり、術後に患者と一緒に帰りますよーという付添同意書がある。付添人の筆跡でないとだめらしい。

 

さらにさらに、自分は医療保険に加入しているので、そちらも担当者に伝えて、書類を届けてもらう。4枚ぐらい書かなきゃいけないことあるし、書き方よく分からんし、色々と面倒くさかった・・・

 

悪戦苦闘しながらも、何とか書類を書き上げることに成功した。これだけで疲れた・・・

 

そして、ようやくオリエンテーション当日。

 

朝の9時開始だったので、うちから2時間以上はかかるから、6時半には家を出る。前日、同僚と銭湯に行って、家についたのが12時近く。あまり寝れていないので、朝っぱらからとてもイライラしていた。

 

だが特にToLoveるもなく、東京駅にある病院についた俺らは、早速先生に診察してもらう。前回見た自分の鼻腔の写真と通常の鼻腔の写真を比較し、鼻の粘膜を削りますとか、神経切ります的なことを嫁に説明。

 

その後は別の看護師に注意事項を聞いた。7/20が手術日だが、それまでに風邪などをひいて、薬を飲まないようにとか、前日に体調についての連絡しますよとか、夜中から食べ物食べちゃ駄目とか、朝も6時以降は水ですら飲んではダメとか。

 

食べ物を食べてしまうと、全身麻酔中に、気持ち悪くなって、無意識に戻してしまう可能性があるんだって。気道に詰まって窒息しないためにも食事禁止だそうだ。以前、食べてしまったが為に、手術禁止になった患者さんもいたそうで、こんだけ待ちに待ったのに、今までの苦労を無に帰すような真似はしたくない。恐ロシア。

 

あと術後は意識が30分ぐらい戻らないそう。意識が戻ってからも、リハビリ的なものをして、昼食もとって、問題ないと判断されたら帰っていいらしい。8時過ぎに手術し、帰宅命令がでるのが14時ぐらいだそう。結構長丁場。。。 嫁よ、すまん。代償として、いびきがなくなるから!夜中起こされないと思うから!

 

手術当日、翌日は休み必須。休まないと、手術してもらえない。さらに1週間は鼻の奥に詰め物するから、くしゃみには気を付けるようにと言われる。

 

アレルギー性鼻炎なのに、そんなの保障できん。

 

でも、くしゃみで栓がスポーンと抜けて流血するのも怖いから、何とか我慢しないと。看護師からも口から圧を抜くようにしてくださいとか言われたけど、そんな高度な技術もっとらん。

 

こりゃしばらくマスクを複数枚持って行かなきゃだな。心配はつきない。

 

それを乗り越えたら、残り3週間の運動や飛行機禁止を経て、ようやく日常生活が出来るようになるんだって。先を考えるとちょっと憂鬱だが、両方の鼻で呼吸できる生活をしてみたい!そんな思いがかなうなんて、まるで夢のようだ。

 

それ以外は特に説明もなく、ってか全部しおりに書いてあることで、わざわざ呼び出すんじゃねーよと思わなくもなかったが、45分ぐらいで終了。

 

あれ?所要時間3時間って言ってたよね?

 

9時に始まり、12時に終わって、その後昼食を東京駅で食べて、川越でも行こうか!なんて話していたが、今10時前。お店ほとんど開いてない。。。そして外は雨。

 

プラン総崩れ。

 

折角、「月はきれい」の舞台となった川越に行きたかったのだが、やむなく諦める。縁結び風鈴の写真、撮りたかった。。。

 

このまま帰るのも癪だったので、八重洲地下街をふらついていると、「ミート矢澤」を発見。ん?駅弁なのに、この場で調理するんだ。すげー!!

 

思わずハンバーグ弁当2つとチーズバーガーを1つ購入。値段見ないで買ったら、お会計が5千円超えてた・・・

 

「えっ!?」とか声あげちゃったよ、俺。ハンバーガー1550円って高杉。まじびびったわー。800円ぐらいだと思ってた。

 

座れる場所もないし、小田急線でニンニクの臭いまき散らしながら、ハンバーグ弁当食べるのは流石に難易度が高かったので、近くの階段に座り、まわりの視線に耐えながら食す。

 

めっちゃ、うめー。

 

ご飯もあたたかいし、言うこと無し!

 

上機嫌で自宅に戻りました。手術まであと3週間。その先に幸せは訪れるのだろうか?待ち遠しくて仕方がない。

 

手術ミスってハウスダストなんかで死にたくないので、先生、頑張ってくださいね!

 

あ、あと限度額適用認定証ってのを出したら、手術代が23万から8万5千円になったこともお伝えしておく。もし、医療保険にも加入しているなら、もっと安くあがるので、手術する人は絶対調べた方がいいよ!