「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

行ってみた、やってみた、食べてみた、見てみたことを書き連ねるブログ。主にアニメ・マンガ・ゲーム・観光地・外食の感想中心

人に仕事を説明するのってめちゃくちゃ疲れる

ただいま月曜の13時。出勤してからおよそ3.5Hが経過。なのにめっちゃ疲れている。今爆睡したらこの世に戻れないぐらい疲労がたまっている。たかだか3Hぐらいを新人派遣スタッフに業務説明しただけでこのありさま。弱フィジカルにも程があるってぐらい弱小。なんなら山下たろー君がいてもいいんじゃないかってぐらい弱小。

 

史上最高の編集部員にも教師にもどうやらなれそうにはない。辰巳よろしくうちの上司は相変わらずあんぽんたんで、面接をした派遣スタッフの名前を知らないどころか、残業できるか、いや、そもそも勤務時間が16時半までか18時までかすら把握していない。18時勤務のスタッフをこちらが希望しているのにも関わらず、16時半勤務を連れてくるとか、シャレにならないほど、使い物にならないオバハン派遣スタッフを連れてくるとか。

 

最初の1時間でこれは無理だと思い、その日チェンジを要求した。そのチェンジに難癖をつけてくる辰巳。敬遠球をストライクと判定し、こちらがクレームをするとすぐ退場させるボンクラ球審の白井レベル。いやそもそもお前が連れてきたんだろう。現場の声ぐらいしっかり聴けや!という内容をやんわりと伝えるが、面子にこだわっているのが見て取れる。まともな人材を連れてくることの面子にこだわってほしい限りだ。諦めるしかないが。

 

派遣スタッフに社内の説明を事前に頼んでいたのだが、9時出社が嫌だったらしく、他社員に任せていたことを間接的に知った日には、あきれて歯が浮くどころか、歯茎ごと根こそぎ持って行かれるかと思った。

 

1日経つと、物事を忘れるので何を言っても翌日以降にはまた同じことを話さなければいけない。ガチボーイへの説明がまた疲れを増幅させる。何故なら怒りがミックスされてるから。物事への理解度が低いと言えばそれまでなのだが、無駄に費やされる時間に虚しさを感じる。全てのやりとりに事情聴取ならぬ、議事録が必要なのだろうか。メメントのように、体に書いてでも覚えてから出社してほしい限りだ。

 

社員が自分達と同じ部門に異動、または新人社員が入ってきたときは、自部署がどういうことをやっているかプレゼン形式で説明する会が開かれる。普通、そういうのはマネージャの仕事だと思うのだが、やるのは僕。自部署の業務説明ができないので、こちらにお鉢がまわってくる。

 

名目は社員(自分)の教育。であれば、内容を確認して的確なアドバイスをもらいたいものだが、内容を確認することはまずない。なので自分で資料を作成し、自分で再チェックをし、相手に分かりやすく伝えるよう努める。自分のスキルアップになるから、とポジティブにとらえるが、こんなのがSVになれるのが世の常だ。

 

最近、たまりかねてさらに上の上司に色々告げ口をした結果、ようやく動くようになった。それでも変な判断をされたりする不安にヒヤヒヤしながら、日々を暮している。ここまでの文面を見て分かる通り、僕と上司はすこぶる仲が悪い。

 

題名と全然違う内容になってしまった。ただの上司への愚痴じゃないか。

 

こんな時は蒙古タンメンを食べるに限る。