「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

行ってみた、やってみた、食べてみた、見てみたことを書き連ねるブログ。主にアニメ・マンガ・ゲーム・観光地・外食の感想中心

働き過ぎはいかんね。

昨日の記憶が断片的にない。そこまで残業をしているわけでもない。夜中にAVを漁っているわけでもない。なのに朝起きると第一声が「疲れた。」

 

日々、色んな人間関係にもみくちゃにされ、我が社のようなブラック企業では周りが納期通りに書類やデータを提出してくれないこともままあり、自分の仕事が思うように進まない。

 

結果、相手の仕事に首を突っ込むはめになり、突っ込むのは夜だけにさせていただきたい、という願望も虚しく、むしろ鼻に指をつっこまれながら、煙たがられながら、自分の仕事を完遂させていく。

 

昨日だって帰宅したのは19時過ぎ。なのに全身が重い。ご飯を食べたところまでは覚えているのだが、その後の記憶がない。気が付くと、自分の部屋の床で寝ていたようだ。午前1時。普段だったらラブソングを歌っている時間に、このままの生活でいいのか、という不安がよぎる。

 

心身ともに摩耗しているのだろうか。それとも脳疲労?分からないが、自分のロッカーに荷物を入れ、ダイアル式の鍵をかけたまではいいが、5分後、再びロッカーを開けようとしたら、暗証番号が思い出せない。まったく。

 

それこそ道具を見つけたチンパンジーの如く、ロッカーにへばりついて思いつく限りの番号であわせてみるも、封印が解ける気配はない。ジーパンのチャックの封印が解けていたことには帰ってから気が付いた。

 

そして今日、自然と暗証番号を思い出せた。

 

TWO DOGSのような栄養ドリンクでドーピングするのも一つの手だが、心臓に悪いとか変な噂を耳にして以来、飲むのは抵抗がある。いっそのこと、誰かがおっぱいでも揉ませてくれれば、一発で復活するのだが、栄養がまわる部分は主に下半身なので、抵抗あるけど、誰か揉ませていただきたいお願いします。

 

常に脳がフル回転してて、鼻毛がなびくぐらいの勢いで日々の仕事を全力でこなしているのだが、もうちょっと抑えないと、プライベートにまで支障がでてきてる。

 

先週の休日には「次の土日で美術館でも行ってみよう、楽しそうだなー」なんて好奇心満載だったのに、今日では「は!?美術館!?めんどくせぇ!」なんて気分になっている。まるでオナニーが終わった後の見ていたAVのような扱いだ。

 

他ブログを見てると、毎日のように更新している人とかいて、本当にすごいって思う。書こう書こうと思っていても、気力が湧かないからね。ストレス解消にお菓子を食べて、ちょっと太って気分はブルー将軍。

 

一時的に派遣スタッフを雇っているため、フレックス勤務だけど、早く帰りたくても18時までは拘束される。自部署の他スタッフは小さいお子さんがいる女性スタッフの為、勤務時間は16時まで。つまり、僕一人で見なければいけない時間が必ずあるのだ。無理ゲー。

 

昔、ファミコンでは無理ゲーって結構あって、絶対にクリアしてやる!と熱中していたけど、この無理ゲーは少しでも早くリセットボタンを押したいです。冒険の書が消えてレベル1からになるけど、旅にでないでルイーダの酒場でのんびりしたい。いや、むしろアッサラームぱふぱふしたい、そんな気分です。