「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

行ってみた、やってみた、食べてみた、見てみたことを書き連ねるブログ。主にアニメ・マンガ・ゲーム・観光地・外食の感想中心

豚丼を食べたい。そんなときは「なまらうまいっしょ」に行くしかない!

無性に肉が食べたくなることがある。吉野家ではなく、もうちょっと豪華なもので。そんな時、俺がいつも行っているのは小田急本厚木駅から徒歩3分のところにある、「なまらうまいっしょ」って豚丼屋。

 

www.namara-umaissyo.com

小田急沿線に住んでいる俺は、月1ぐらいで本厚木に行ったりするんだけど、そのときは大体この店に入る。むしろこの店のために厚木に行ってる。

 

お肉が柔らかくてジューシーだし、タレもお好みで色んなのが試せるんだよね。

 

味噌ダレやニンニクタレは瓶に入れて、席の前に置いてあるんだけど、ワサビやマヨネーズも店員に言えば、持ってきてもらえる。

 

自分のおすすめはワサビ。肉とタレの甘味とワサビがめっちゃ合う。そしてご飯をひたすらかき込む。それが至福の時である。

 

ランチ時間限定で、豚バラ定食がリーズナブルな値段で食べることができる。3月に1回はこの定食を食べているね。

f:id:pupei:20170320230217j:plain

 

でも普段は豚ロース丼を食べることが多い。だって肉多く入っているし、丼になっているから、甘ダレがご飯にかかっていて、それがまたうまいんだ。

f:id:pupei:20170320230225j:plain

 

お腹がすいていて、たらふく食べたいときは、この豚ロース丼のなまら盛りを頼む。並盛の2倍の量。元々小食なので、最後の方はちょっと気持ち悪くなってしまうけど、味は最高なのに変わりはないので、無理してでも食べちゃうんです。

 

豚丼をコーラで流し込むのが黄金パターンだね。豚丼のウォータースライダーや。

 

家から自転車で本厚木まで1時間以上かけてきて、その分の消費カロリーをこの豚丼で満たしているので、全然ダイエットにはなっていないが、それでも致し方ない、って納得してしまう、うまさがあるんだ。

 

がつがつどんぶりを食べたいって方には、この豚丼をおすすめしたい。

 

お弁当として持ち帰りもできるようで、昼時なんかは弁当を待っている人もちらほら見かける。

 

焼き方が一風変わっていて、炭火なんだけど、ドライヤーを使って火力をあげてるんだよね。焼いている様子はガラス張りのカウンターから見ることができる。

 

車でアクセスする場合は隣に有料パーキングがあるので便利。提携していないようだが。

 

本厚木は自転車もバイクも車も駐車するところが少なくて本当に不便なんだよなー。改善を要求する。

 

調べたところ、御徒町にも「豚っく」っていうTVでもとりあげられる豚丼屋があるので、いつか食べてみたい。前回行ったときは、ちょうど工事で臨時休業だったので、リベンジした際にはまた報告します。

 

肉さえあれば、俺から笑顔が消えることはないのだ。