「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

行ってみた、やってみた、食べてみた、見てみたことを書き連ねるブログ。主にアニメ・マンガ・ゲーム・観光地・外食の感想中心

転職が怖い。でも動かないと何も変わらない。自分と向き合う。

久しぶりの更新だ。

 

丸2か月はブログを書いていなかった。

 

その間に、鼻の手術や永久脱毛、と色々チャレンジしたり、

やりたいことをやっていたけど、

そのことについて、あんまり書く気持ちが湧きあがってこなかった。

 

ブログなんてしんどかったら、短い文章で完結しちゃえばいいんだけど、なぜか

自分のなかで勝手なノルマ - 1000文字ぐらい書くとか、画像をつけようとか

考え、苦しくなってしまっていたようだ。

 

ただ、こんだけ未更新でいると、アクセス数なんてのも気にしなくなってくる。

だから適当に書けばいいや、とリラックスできた途端、ブログを書くモチベーション

がでてきた。

 

その勢いで今、バリバリ書いている。

 

ずっと前から転職したいと何度かブログに書いてきたけど、やはり今もその気持ちは

変わらない。

 

元々やりたいことが全く見えてこなくて、周りが大学に進むから、自分も進もう、と

何となく流れに乗った。

 

しかし、大学にもなると、高校までとは違って、クラスがあるわけでもなく、

友達を作るのも、何をやるのも以前よりは個人で決めていかなければいけない。

 

自分で物事を決めるのが苦手だった俺は、積極的な人生を歩んでこれるわけもなく、

それは就職活動の時も同様だった。

 

いくつかの企業の説明会とか、合同企業説明会とかに参加したはいいけど、具体的

に何かを聞こう、得よう、ということはなく、それは物事への関心の薄さを表す。

 

当然、やりたいことが見つからない、という結果に帰結する。

 

自分にとっては、とても難しい問題だ。関心があまりないから、具体的な情報を

探そうと行動しない。意欲が湧かない。

 

でもやりたいことを見つけるには、色々探すしかない。

 

堂々巡りである。

 

こんなことが当時は分からなかった。自分で考えることが苦手だったのもあり、

自分の気持ちと向き合うという発想が、そもそもなかったのだ。

 

そして今、また同じ壁にぶつかっている。

 

当時は壊せなかった、壁。

 

何をやりたいか。

 

もう37歳だけど。

 

以前と違うのは、自分と向き合う、という行為が出来るようになってきたことだ。

 

 

その行為はとってもしんどいけど、少しずつしか進展しないのでやきもきするけど、

リスクを恐れて、このままの人生になるのはもっと嫌だ。

 

もっと楽しい人生にしたい。

 

だから自分と向き合う。

 

今度はできるはず。

 

基本的に行動できないのは、恐れが原因だ。

 

もう37歳だから。職務経歴がボロボロだから。転職市場では無価値なんじゃないか。

 

そういうのと直面するのがとても怖い。

 

でも自分の人生を掴み取るには、その恐れを乗り越えないといけないわけで。

 

恐れが出てきたときは、今のままとどっちがマシか、と天秤にかけてみる。

 

いつも答えは同じ。

 

行動するしかない。

 

やるぞ。