「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

行ってみた、やってみた、食べてみた、見てみたことを書き連ねるブログ。主にアニメ・マンガ・ゲーム・観光地・外食の感想中心

「エロマンガ先生」「冴えない彼女の育てかた♭」「魔法科高校の劣等生」。最近見たアニメの感想をちょっとずつ書くよ

今期から始まったアニメで、俺の一押しは「月がきれい」で毎週楽しみに待っているというか、待ちきれなくて「時間よ、とっとと過ぎろ!」とか思っちゃっているんだけど、それ以外のアニメも見ているんだよね。

 

pupei-diary.hatenadiary.jp

今回は今まで見てきたアニメをまとめて感想を述べていくことにするよ。といっても3作のみだけど。しかも1つは今期スタートでもないですw

 

エロマンガ先生

eromanga-sensei.com

AnimeJapan2017でちょっと気になったっていうか、タイトルだけで見てみようと、エロ心満載の俺がいましたが、第1-3話まで見てみました。

 

正直なところ、「う~ん・・・」って感じ。なんていうか、こういうの、お前ら好きだろ!?っていう、商業的なニオイがプンプンするっていうか、読者に寄せてき過ぎているように思えて、正直良くも悪くもない、平凡なアニメに見えてしまった。

 

こういうのって記憶に残らないんだよね。だからまだクソアニメの方が印象に残る分、マシなのかもしれない。

 

お約束にお約束を重ねた、これぞライトノベル!!って感じの設定なんだけど、何も胸に刺さらない。でも、次回も見ます。1話見ると最後までどうなるか気になるので。中盤以降の盛り返しに期待です。

 

冴えない彼女の育てかた♭

www.saenai.tv

第1期は結構面白いと俺は感じてたから、これも以前から絶対見ようと思っていた。小説版を見ていないので、頭真っ白の状態でどんな展開になるんだろうとワクワクしていたが・・・

 

これも「う~ん・・・」って感じ。俺が辛口すぎるのか分からないけど、ヒロイン育てるのどうなっちゃったの?って。

 

第2話まで見たんだけど、「霞ヶ丘 詩羽」先輩とと「澤村・スペンサー・英梨々」に焦点が当たりすぎていて、本来のヒロインだと思っていた、「加藤 恵」が全然生きていない・・・

 

冴えない彼女の育て方」っていうタイトルだから、この「加藤 恵」のことを指しているんだと思っていたけど。今のところ、ほぼ何にもしていないッス。

 

あと何だかアニメの雰囲気がシャフトっぽく見えてくるのは俺の気のせいでしょうか?霞ヶ丘パイセンが化物語の「戦場ヶ原 ひたぎ」に寄ってきているような・・・

 

罵倒ばっかりのような気がするけど、もちろん、次回も見ます!!

 

魔法科高校の劣等生

f:id:pupei:20170424191233j:plain

アニメ『魔法科高校の劣等生』

 

26話まで全部見たけど、やっぱりこれも「う~ん・・・」って感じです。最初の3話ぐらいまではかなり面白くて、これからの展開に期待が出来る!ってワクワクしながら見てたんだけど、段々気持ちが萎えていきました。

 

最終話まで見るのが結構苦痛になってしまって、それは2日で全部見ようとしてたのもあるけど、やっぱり展開が見えてしまうのも盛り上がらない原因だったのかと。

 

どうせ、主人公が全部うまくやっちゃうんでしょー的なのが気分を萎えさせているんだよね。例えば、レオがエリカから剣技を伝授してもらうけど、そのお披露目の場が全然ないとか。

 

ほとんど主人公が敵をやっつけちゃうし、CADの調整とか主人公が完璧すぎるのが・・・またいつもの展開ってなっちゃうんだよね。色んな人にもっとフィーチャーしたりとか、主人公が苦戦して、ハラハラ・ドキドキの展開とかになれば、また違うのに。

 

俺が辛口すぎるのでしょうか?

 

内容については文句もありますが、曲はめっちゃいいです。オープニングテーマである、LiSAの「Rising Hope」、エンディングテーマである、安田レイの「Mirror」なんてちょーかっこいい!

 

いつもOPとかEDの曲って最初の一回だけ聴いて、その後は飛ばすんだけど、毎回きっちり聴いてました。

 

安田レイのライブは行ったことあるけど、Lisaはないので、ちょっと調べてみようかな。

 

あ、あと今年の初夏に劇場版が放映されるようですよ。

mahouka.jp

 

最後に

本来だったら1記事にまとめないで、3記事にバラけさせるんだけど、正直、書くネタに困って、だったらまとめて書いてしまえば、ある程度文章量も増えるだろうと苦肉の策となりました。

 

やっぱり面白いと思うアニメはどんどん書けるし、舞台となった場所に訪れるぐらい色んなことを知りたいって思える。細かい設定なんかも知りたくなる。

 

月がきれい」って太宰治的には「I love you」って意味なんだーとか。川越の街並み、見てみたいなーとか。

 

そういうアニメに出会うためには、良さそうだと感じたアニメを片っ端から見ていくしかないわけで。アタリもあれば、ハズレもあるんだよね。いや、この3作はハズレって程ではないのだけれど。

 

進撃の巨人 実写版」に比べたら、全然マシです。はい。

 

今挙げたアニメが大好きな人には本当に申し訳ないが、思ったことをそのまま書きたいので、嫌な気分にさせたらごめんなさい。