「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

行ってみた、やってみた、食べてみた、見てみたことを書き連ねるブログ。主にアニメ・マンガ・ゲーム・観光地・外食の感想中心

効率化をしようとすることの弊害

普段から効率化を意識している。時間短縮、ミス減少の為に効率化はとてもいいことではある。たとえばエクセルでのマクロなどは一回きっちり作れば次回からそのマクロをまわすだけだから、ミスもしないし、別作業もできるから効率がとてもいい。

 

To Doリストもそう。今日やるべき仕事をリストアップしていって、やる順番を決めて番号をふって、と言う風にするとモレもないし、優先順位の高いものからやれる。

 

このように効率化っていい面もあるけれど、実は悪い面もあるのではないか。

 

全部に効率化を突き詰めると人が機械のような存在になってしまうように感じられる。

 

それにまず、やってて楽しくない。

 

これ、とても大事。仕事は早いけど、面白くないんじゃ本末転倒ではないか。物事を継続できない仕組み作りを自らしているようなものだ。

 

また、例えば人に物事を教える時、効率重視でスピードばかり意識していて、相手に伝わっているかどうかを見失う可能性だってある。

 

あと、無駄な部分を徹底排除するため、その無駄という経験が蓄積されないから、良いアイデアが生まれなかったり、能力があがらなかったりするのではないか。

 

ミスしないように効率よく部下に教えても、一向に基礎力が上がらない場合もある。ミスをしてそれをカイゼンする、トライ&エラーがあって人は成長していく。

 

効率化ではトライ&エラーは排除されてしまうだろうし。

 

そして何より心の余裕がなくなるのが弊害だと思う。気が休まらないというか。時間を常に意識するから。

 

例えば、車の移動がそう。渋滞とか道を間違えるとかを無駄と感じるから、時間を気にしてイライラしてくる。そのリカバリーをしようと急ぐので、乱暴な運転になってしまうこともある。結果、ストレスがたまりやすい。

 

もっと余裕をもって取り組むからこそ、生まれてくるアイデアだったり、楽しいという気持ちだったりが発生するのではないか。

 

自分は効率人間だった。プライベートでも何をするかTo Doリストを作って一つ一つ消化するような。

 

書いてあることは達成できる。でも充実感が生まれない。やりたいことではなく、やるべきことを重視していたからだ。

 

本当にやりたいことがあっても、この時間までに終わらせないと他のことができなくなってしまう、という気持ちが働いて十分に楽しめない。楽しくて盛り上がっている時でも、それを切り上げてしまうことだってある。実にもったいないことだ。

 

そのもったいないことをしている、ということに今まで気付かなかった。

 

ブログを書く時も当てはまる。基本的に30分で終わらせようと書いてきた。だからあまり文章を見直せなかったり、もっと書けるし書きたいのにやめてしまっていた。

 

時間を気にして常に焦っている状態。

 

そんなんで、面白いことが浮かぶわけない。良い文章が書けるわけない。楽しいと思えることを自ら削ってしまっている。

 

ゲームについても、RPGが好きだったのに、時間がないと焦っているから、こんなに長くできないって思い、楽しめなくなってしまった。社会人になってからはRPGをクリアしたことがない。

 

ただの散歩をしている時でもそう。次に何をやろうか考えながら歩いている。何も出てこないと焦る。

 

それは何故だろうと考えたとき浮かんだのは、一日を充実させたい、という思いが強いことだった。だからあれもやった、これもやった、という結果が欲しい。達成数の多さも気にしているようだ。

 

効率重視だと、結果に対して満足感はあるけれど、もっと今やっていることを、もっとかみしめる方がもしかしたら充実感や楽しさが、さらに生まれるかもしれない。

 

なので、プライベートでは時間をあまり意識することをやめよう。特に楽しいことなら。それか、スケジュールにもう少し時間の幅を持たせよう。そうしないと、次これをやらなきゃいけないとかで、今やっていることに焦りがでてきて、心から楽しむことができなくなってしまう。

 

学生の頃はもっとのんびりと過ごしていた。その頃は心のゆとりがもっとあったのを記憶している。その感覚を取り戻したい。別に南の島に行かなくたって、出来るはずだ。

 

少なくともプライベートでは効率より効果を重視したい。

 

今日、試しに散歩をしながら、次のことを考えずにぼーっと歩いてみた。そしたら日光浴って気持ちがいいなーとか、天気のいい日って最高だなーとか色々浮かんできた。

 

時間を忘れて歩いていると、なんだか昔の頃に戻ったような懐かしさを感じた。

 

しかしのんびりしていると、今日やりたいことを達成できる数が減ってしまうのではないか、という不安もよぎる。

 

達成数は少ないけど一つ一つの物事が充実するのと、達成数は多いけど、一つ一つの物事が深掘りされなかったり焦ったりするのと、どちらがいいのか。

 

あれもやった、これもやった、って人生でありたいので、ちょっと迷う。でも、達成数よりも充実した1日を送ることが幸せな道だろう。

 

ただ、今まで効率を意識して生きてきた効率人間である俺には、マルチタスクをする思考になっているので、気を抜くと、散歩中にも別のことや、次何をしよう、ということを自然と考えてしまっている。

 

幸せな人生を送るためには、克服しなくちゃいけない。日々、訓練である。

 

f:id:pupei:20170315083923j:plain