「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

行ってみた、やってみた、食べてみた、見てみたことを書き連ねるブログ。主にアニメ・マンガ・ゲーム・観光地・外食の感想中心

ゲームと共に歩んできた人生 その8

元来、人に好かれるタイプでないことは重々承知している。生意気だし、屁理屈捏ねるし、愛想悪いし。承知していたからこそ、そうならないよう意識をしていた。

 

営業所内で僕は年齢・キャリア共に一番下っ端。最初は先輩達にめっちゃ厳しく接された。仕事は幼稚園・保育園へのルート営業だが、まずは先輩と同行して仕事ぶりを見させてもらう、ということになった。ただ、荷物の積みこみや運転は自分がやる。

 

僕はほぼほぼペーパードライバー。なのにハイエース。後ろには納品しなければならない大量の荷物。その荷物でフロントミラーから後ろが見えない・・・よってバックはサイドミラーを見ながら行う。うまく荷物を積まないと荷崩れをおこし、商品を傷める場合がある。その積み作業も僕の仕事だ。

 

かなりの体育会系の組織だったため、下っ端は早く来る必要がある。そうしないと怒られる。なので8時には営業所に着き、車に荷物を積み込んでいた。それだって、どのルートで回るかを考慮して積まないといけない。最初に行く幼稚園なのに、荷物が奥に入っているとすぐ取れないからだ。

 

最初はうまく運転できなくて怒られ、ビビッて慎重に走っても、荷崩れをおこして怒られる。慣れない仕事、土地勘のない場所。何度も道を間違え、その度に怒られた。

 

道は風景で覚えろ!と言われたが、全然頭に入らない。

 

散々だった。先輩はずっとムッとした表情。何度怒られたか数えられない。萎縮してはミスをする。このままではいけない。自分は価値ある存在になりたいんだ。

 

その思いから、22時ぐらいに帰宅しても、親の車を借り、地図を片手に営業ルートを何度も周りにいった。土日も彼女に付き添ってもらい、風景で覚えられないから、信号2つ目、とか信号の名称でどこに曲がるかを覚えた。次第に、自分がどのルートで行ったら効率いいか分かるようになってきたし、2週間ぐらいで営業ルートを自分で作れるようになる。

 

先輩の僕に対する態度は段々柔らかくなり、楽しい会話もできるようになった。認めてもらえたのだろうか。それに、ようやく仕事以外の時間は自分の時間に回せるようになる。彼女との同棲を決め、住み慣れた金沢区の街を離れ、海老名に引っ越した。営業職なのに残業代がでるし、いっぱい残業するのでお金はすぐたまった。

 

ケーブルテレビに入って、ナショナルジオグラフィックアニマルプラネットにはまる。めっちゃおもろい。

 

しばらくゲームはやっていなかった。僕が好きだったRPGは長くて、プレイすることがしんどくなってきたからだ。1年ぐらいはやっていなかったんじゃないと思う。

 

そして、彼女とのデート中、横浜駅で何となく取ったR25に、「ひぐらしのなく頃に」の特集が組まれていた。絵が衝撃的で、ストーリーも面白そうだ。僕はすぐに「ひぐらし」を買い、嫁がパソコンしている横で萌えキャラの会話をニヤニヤしながら進めていた。

 

クリアするまで80時間はかかっただろうか。でもめちゃくちゃ面白かった。次の展開がどうなるか気になって、ずっとゲームしてたな。ビジュアルノベルっていつでもゲームを辞めることができるので、僕にとってはありがたい。これをきっかけに、僕はビジュアルノベルゲームが好きだ、ということを認識するようになる。