「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

行ってみた、やってみた、食べてみた、見てみたことを書き連ねるブログ。主にアニメ・マンガ・ゲーム・観光地・外食の感想中心

ゲームと共に歩んできた人生 その2

高校に入ると、プレステとセガサターンに夢中となった。DTの僕はギャルゲーに手を染め始める。

 

・同級生

・下級生

・野々村病院の人々

・慟哭

Yu-noこの世の果てで恋を唄う少女

Eve burst error

・DESIRE

御神楽少女探偵団

ときめきメモリアル

・黒の断章

などなど

 

ほとんどがセガサターン作品だ。あの頃のセガは熱かった。FF7が出るまではプレステよりも人気があったのではないか。名作揃いである。

 

30代に入ってからはビジュアルノベルばかりやっているが、そのきっかけとなった作品が「Yu-no」。難解なシステムだったが70時間ぐらいかけて地下洞窟にあるパズルまで辿り着き、そこで挫折した。大学生になって攻略本を買ってからようやく先に進められた。100時間ぐらいかけて異世界編に突入。まだシナリオがあるのかと、そのボリュームの多さと、面白さに圧倒された。今でも僕の好きな作品1位である。

 

Eve burst errorも捨てがたい。小次郎編とまりな編がそれぞれ別ディスクになっていて、物語が進展しなければ、Discを交換して別サイトから進めるシステムが斬新だった。なつかしい。

 

その他にも

・LUNAR シルバースターストーリー

グランディア

デビルサマナー ~ソウルハッカーズ

などのRPGも面白かった。特にグランディアは最高の一言である。スーを置いて旅立つシーンは今でも悲しさと共に覚えている。

 

高校時代は友達と遊ぶこと、軽音楽部に入ってからはギターを弾くこと、そしてゲーム三昧であった。3年にもなると、みんな塾に行き始めたり、進路のことを考えたりするが、そんななか、学校近くのゲーセンで脱衣麻雀に明け暮れていた僕は、もちろん大学に受かるはずもなく、浪人生活を送ることになった。