「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

行ってみた、やってみた、食べてみた、見てみたことを書き連ねるブログ。主にアニメ・マンガ・ゲーム・観光地・外食の感想中心

気温が高くなってきた。絶好の自転車日和ですな。

子供の頃、どこへ行くにもギアのない自転車で坂道を駆け上がり、目をつぶって何秒運転できるか度胸試しをしたり、時に盗まれ、時にパンクし、時に雨に降られ、いつだって一緒に行動してきた。汗をかく行為に何も問題を感じず、良く遊ぶ毎日と快適な睡眠が得られた。

 

年を取るにつれ、使用頻度が減り、原付バイクが主流となった。埃をかぶった自転車は家の壁にもたれるように乱雑に放置され、いつの日か撤去されてしまった。こんなのに二度と乗らないだろう、まあいいや、と思っていた。

 

37歳になった今、再び自転車を乗る日々が復活している。駅までの距離はおよそ9km。時間にして約30分ぐらいだろうか。あの頃と違って、体も大きくなり、という太ったせいで、前に進むのに苦労する。ギアは21段も付いてるのだが。

 

それでもペダルをこぐと、風を感じ、気持ちよく、日々の運動不足の解消にもなるので、今では欠かせない相棒となっている。雨の日も、強風でも。自動車の走る音でかき消されるだろう、と大声で歌を歌ったりしながら。たまにいきなり人が出てきて、声が小さくなるのはご愛嬌。帰りがしんどくて、たまに駅に置いて帰るのもご愛嬌。

 

温かい季節になり、日光を浴びながら自転車をこいでいると、気分が良くなり、モチベーションがあがってくる。幸せな気持ちになれる瞬間でもある。

 

僕の愛車はGIANT。色は緑。カナブンみたい、と嫁には不評だ。でも緑好きな僕はとても気に入っている。ちなみに緑好きは平和主義者が多いのだそうだ。これを職場で話したら、近くに座っていた、たいして話したこともないスタッフが大笑いしてた。普段あまり笑わない人なのに。きっとたまたま別の妄想にふけっていたのだろう。偶然って怖いね。

 

問題なのは駅から家までの急な坂道。200Mぐらいはあるだろうか。それがなければもっと楽しめる。

 

え?体重を減らせだって?いや、そのために自転車をこいでいるんだが、一向に減らないんだ。意味が分からない。往復で20km近くも走ってるんだよ?痩せるに決まってるよね、普通。

 

きっと、年を取って新陳代謝が低くなったのが原因なのだろう。あと平日はデスクワークだしね。しょうがない。

 

さあ、今日もいい天気だ。4月も下旬にさしかかったが、最高気温は30度近くになるらしい。気温の低い朝のうちから自転車に乗って駅まで行こう。そしていつものご褒美である蒙古タンメンでも食べてくるか。