「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

「自分の人生を歩く」 日々徒然日記

行ってみた、やってみた、食べてみた、見てみたことを書き連ねるブログ。主にアニメ・マンガ・ゲーム・観光地・外食の感想中心

1クール作品ってどうも盛り上がりに欠けるアニメが多い。あと総集編が許せないね

アニメ好きな人なら毎週そのアニメがやるまで、わくわくしながら待っていると思うんだけど、そういうときに総集編とかやられると、ほんっとに手抜きじゃん!!って思ってがっくりしてしまう。

 

こっちは今までの流れを振り返りたいんじゃなくて、続きが気になってて、どんな展開になるのかが楽しみだというのに。

 

アリスと蔵六」、「月がきれい」なんかはまさにそれで、いくら声優を司会にして振り返ったところで何の面白みもない。ただ淡々と感想しゃべって、続きが気になりますねー的なこと言うだけだし。

 

結局のところ、総集編って何なんだろうか?今までのお話を見逃してしまった人への為の回?

 

いやいや、アニメ好きなら見逃さないだろうし、例え見逃したとしても何とかして過去回を見るんじゃないか?それに途中から見る人もそんなにいないのでは?なんて思ってしまう。

 

せめて総集編だけでしか見れないシーンとかも入れてくれれば、新鮮な気持ちで見れるのに。

 

だからどうしても、作り手側に何かしらの問題が発生して、制作が間に合わなかった、という目で見てしまう。だって絶対俺のような考えの人の方が多いと思うし。

 

作り手側にはデメリットの方が多いはず。

 

もうちょっと頑張って作ってくれよ~とか思ってしまうし、場合によっては熱が冷めてしまう。

 

漫画でも同じ。しょっちゅう休載されると期待を裏切られて、読むのが嫌になってしまう。最近は休載の数こそ減ったがGIANT KILLINGとか、ワンピースとか。

 

そう考えるとハンターハンターってすごいね。あんだけ休載して、もはやネタと化しているのに、根強いファンがいるんだから。俺は読むのやめたけど。

 

だから、アニメファンを減らさないように、作り手側にはもうちょっと頑張って欲しいなーなんて思っている。

 

まあ、今までの考察が間違っている可能性もあるけど。

 

そして、1クール作品って最近多い気がする。気のせい?

 

冴えない彼女の育て方♭」も「月がきれい」も1クール。何だか内容が物足りない。なんていうか、そこで終わっちゃうの~?とか、展開が浅いまま終わってしまったな~という感じになって、せっかく最初楽しかったのに、もったいない気がするんだ。

 

月がきれい」も次回で最終話。小太郎と茜に大した試練もなく、ドラマティックな展開もなく、着々と終わりを迎えようとしている。

 

これが2クールだったら、もうちょっと波乱を混ぜたり、お互いのキャラクターを掘り下げたりで、もっともっと感情移入できると思うんだけどな。

 

冴えない彼女の育て方♭」なんか最後にヒロイン達がみんな登場して、Cパートの最後しか登場してないとかなんとか罵り合いで終わるという微妙な締め方。

 

俺は続きをノベルで知っているから、原作は面白いから、もっといい終わり方無かったのかな~なんてしょんぼりしてしまう。

 

ってか、この終わり方、「はい?」って感じでしばらく呆然としてしまった。実は翌週もあるんじゃないの?そうじゃないとスッキリしないよ?って勘ぐってしまうほど、へんな終わり方。

 

オカルティックナイン」以来のモヤモヤ感。無理やりな終わらせ方。

 

もちろん原作がまだ続いているからこそ、スッキリとした終わり方ができないのかもしれない。

 

結構否定ばかりな内容を書いてしまったが、俺が辛過ぎるのだろうか。大沢親分よりも「喝!」が多い。みんなもっと寛容?

 

続編も楽しみだな~、やってほしいな~なんてこの時点で思える?俺のアニメ熱が弱いのだろうか?

 

分からん。

 

きれいな終わり方をした物語ってやっぱりスッキリするし、うまく構成されてるなーって関心する。

 

「あの花」とか、最近だと「プラスティックメモリーズ」「 鋼鉄城のカバネリ 」なんかは1クール作品だけど、面白かったもんなー。

 

でも大体面白かった印象があるのって2クール以上の作品ばかり。

 

シュタインズゲート」「とらドラ」「天元突破グレンラガン」「ラブライブ」「四月は君の嘘交響詩エウレカセブン」等々。

 

エウレカセブンなんか50話もあったのに、サッカー回以外はすっごく面白かった。これも色んな掘り下げがあったからこそじゃないかなぁ。

 

もちろん、コスト面の問題があって2クールもできないのかもしれないけど。

 

なんかね、もうちょっと、「そこそこ面白いアニメ」ではなく、「めちゃくちゃ面白いアニメ」に出会いたいんですよ。

 

俺をもっと感動させておくれ。